昔、おばあちゃんに
「よく噛んで食べなさい」
と怒られていました。

 

私、とにかく早食いなんです。

 

しかも食べるときはめっちゃ食べます。

 

早食いは太る、虫歯になりやすい
消化不良になって胃腸が弱る

 

などなど、早食い&大食いの弊害は
いろいろとありますが

 

早食い&大食いの一番の弊害は

 

活性酸素が大量に発生すること

 

です。

 

食べたものが胃や腸に到達すると
急いで消化液を分泌することになります。

 

消化管の細胞内のミトコンドリアは
消化液の分泌に必要なエネルギーを
一気に作らなければなりません。

 

急激な運動というのは
活性酸素を発生させる原因になりますが

 

同じことが早食い&大食いしたときの
消化管でも起こっているのです。

 

急いでたくさん食べると
急速にエネルギーを必要として
活性酸素が発生してしまいます。

 

早食いはもはや習慣になっているので
ゆっくり食べるとイライラして
くるんですよね。

 

特に昼飯なんてゆっくり食べてたら
時間もったいない!と思ってしまいます。

 

だけど、これが活性酸素を発生させる
原因になっていたとは!

 

おばあちゃんの言うこと
ちゃんと聞いておけばよかった・・・