クルクミン

カレーのスパイスに使われる
ターメリックってあるじゃないですか?

 

カレーの香り付け、カレーの色付けに
使われる香辛料です。

 

ターメリックというのはウコンの英名。

 

ウコンのほうが馴染みがあるでしょうか。

 

ウコンの黄色の色素成分を
クルクミンといいます。

 

クルクミンが意外にも筋肉づくりに
効果あり!という話を聞いて
ちょっと調べてみました。

 

クルクミンは昔は天然痘の薬として
使われていたこともあるそうです。

 

現在は鎮痛、抗炎症作用がある
物質としても使われています。

 

なんでも最近の研究では

 

・癌の腫瘍を抑える
・体脂肪の蓄積を抑える
・血糖値の調整

 

といった働きがあるかもしれない
なんて言われています。

 

クルクミンが筋肉増強に効果が
あるというのは

 

①クルクミンはインスリンの働きを
高める作用があるため、
筋肉の合成を促進するのではないか

 

②クルクミンはテストステロンから
ジヒドロテストステロンへの変換を
抑制する働きがあるのではないか

 

この2つの働きによるものです。

 

①について

インスリンは血糖値を下げる
ホルモンですが

 

アミノ酸が細胞内に摂り込まれるのを
促進し、タンパク質合成に役立ち

 

同時に筋肉内でのたんぱく質分解
を防ぐ働きがあります。

 

そんなインスリンの働きを
高めることができるなら

 

筋肉増強には役立ちそうですね。

 

血糖値が高い人にも有効かも。

 

②について

 

テストステロンというのは
男性ホルモンの一種で

 

筋肉増強効果があります。

 

ジヒドロテストステロンとは
テストステロンが変質した
強力な男性ホルモンです。

 

強力な男性ホルモンなら
大歓迎じゃないか!

 

と思ってしまいがちですが
ジヒドロテストステロンは

 

ハゲの原因になるんです!

 

筋トレをするとハゲるという
都市伝説を聞かれたことが
あるかもしれませんが

 

その噂は
筋トレをすることで分泌される
テストステロンが
ジヒドロテストステロンに
変わるからというのが根拠です。

 

しかし、テストステロンのすべてが
ジヒドロテストステロンに変わると
いうわけではなく

 

5αリダクターゼという酵素が
活性化することで
テストステロンは
ジヒドロテストステロンに
変換されます。

 

5αリダクターゼが多い人ほど
ハゲやすいということになります。

 

5αリダクターゼの量は遺伝が
大きく関係しています。

 

5αリダクターゼの量が少ない人は
筋トレをしてテストステロンを
たくさん分泌しても

 

ジヒドロテストステロンに
変換されにくいので

 

ハゲることはないということです。

 

で、クルクミンには
テストステロンが
ジヒドロテストステロンに
なるのを防いでくれる働きがあるんです。

 

クルクミンは

筋肉増強 & ハゲ防止

に効果があるということですね。

 

クルクミンを摂取するには

クルクミンを摂るには
ターメリックの根を薄くスライスして
しょうがと同じ感覚で料理に使う
という方法があります。

 

クルクミンは黒コショウと一緒に
摂取すると吸収率が大幅に
アップすると言われています。

 

食事で摂ることももちろんできますが
十分に効果が出る量を摂取するには
食事からだけでは厳しいでしょう。

 

やっぱりサプリメント利用が
現実的なところです。

 

日本製のクルクミンサプリでは
こんなのがありますね。



 

※筋肉量を増やすには、
筋肉をつけるという発想だけでなく
筋肉を減らさないという視点も重要。

筋肉の分解を抑制してくれる
注目のHMB配合サプリ

⇒ ビルドマッスルHMB