活性酸素 運動

運動をすると、呼吸回数が増えるので
その分、活性酸素の発生量が多くなる

 

したがって

 

運動は長生きのためによくない!

 

なんて議論がされているの
知っていますか?

 

これは正しいのでしょうか?

 

活性酸素はどこでできる?

私たちが生きるためのエネルギーを
作っている場所は細胞の中の
ミトコンドリアです。

 

ミトコンドリアでは酸素を使って
エネルギーを作っています。

 

エネルギーを作れば作るほど
活性酸素の発生量は増えるのは確かです。

 

しかし一方で、定期的に運動を
している人のほうが健康で
長生きしているデータもあります。

 

運動しないほうが体に良くない
というのは実感していると思います。

 

運動すれば、激しい運動であるほど
エネルギーが必要になるので
活性酸素もたくさん発生する。

 

運動しないでじっとしていたほうが
活性酸素の発生量は少ない。

 

やっぱり運動しないほうがいい?

 

いやいや、生命はそんなに
単純じゃありません。

 

活性酸素が発生したら
それを除去するシステムも
体の中にちゃんとあるんです。

 

活性酸素が増えると
それを除去しようと

 

細胞内では活性酸素を除去する
酵素が増やされます。

 

運動するときは準備運動とクールダウンが必須

ミトコンドリアでエネルギーを
作るときに活性酸素が発生します。

 

そのときミトコンドリアに
過度な負担がかかると

 

活性酸素の発生量が増えます。

 

急激に走ったり、
いきなり激しいトレーニングをしたり

 

急激な変化が必要で
無理にエネルギーを作らないと
いけなくなったら

 

ミトコンドリアに負担がかかり
活性酸素が発生しやすくなります。

 

運動をするときは
準備運動をして
少しずつエネルギーを使い

 

クールダウンをすることで
少しずつエネルギーを
使わないようにする

 

このように体への急激な
負担を減らすことで

 

活性酸素の発生量を抑えられます。

 

そして運動することで
活性酸素は発生するけれど

 

活性酸素を除去するシステムも
発達します。

 

運動しないほうがいい!
というのは極論で

 

正しく運動することが必要なのです。

 

ただ、この活性酸素を除去する
体のレスポンスは残念ながら
年齢とともに衰えていきます。

 

40歳を過ぎたら、活性酸素除去対策は
考えたほうがいいかもしれませんね。

※ 活性酸素を除去して細胞の老化を防ぐ最強成分とは?

 
活性酸素除去の最強成分、水素を無駄なく取り込める水素サプリ

カラダに水素