活性酸素の害

 

最近、「活性酸素」は体に悪い!
という話をよく聞くようになりました。

 

高血圧、糖尿病、動脈硬化などなど
生活習慣病の9割は活性酸素が
原因になっているとか!?

 

呼吸によって取り込まれた
酸素のうち、約2%が活性酸素に
なるということらしいです。

 

筋トレなど日常的にトレーニングを
する人は、運動を何もしない人より

 

呼吸の回数は多いはずです。

 

となると、活性酸素の発生量も
多いということになりますね。

 

運動すればするほど
活性酸素が発生して体に悪い!?
なんてことはないと思いますが

 

活性酸素の弊害と対策や除去する方法に
ついては知っておいたほうが
いいかと思います。

 

そもそも活性酸素って?

意外ではありますが、活性酸素は
もともとは体にとって必要な物質です。

 

活性酸素は私たちの体内に侵入した
細菌やウイルスを撃退します。

 

体内にウイルスが侵入してくると
白血球が察知して、活性酸素を放出し
殺菌、消毒を行ないます。

 

私たちが呼吸によって取り入れた酸素は
赤血球によって細胞へ運ばれ

 

糖質や脂肪をエネルギーとして
燃焼させるのに使われます。

 

そのときに使われる酸素の2%が
活性酸素となります。

 

ただ、最初にも書いたとおり
活性酸素は細菌やウイルスを撃退
する役割も持っているので

 

活性酸素 = 完全な悪者

 

というわけではありません。

 

活性酸素の種類

実は活性酸素には種類があって
良い働きをするものと
体に悪影響を与えるものがあります。

活性酸素の種類
このように活性酸素は
大きく分けて4種類あります。

 

  • 過酸化水素
  • 一重項酸素

 

この2つはウイルスや病原菌を
撃退して私たちの体を守ってくれる
活性酸素です。
一方の

 

  • スーパーオキサイドラジカル
  • ヒドロキシラジカル

 

この2つが諸悪の根源です。

 

名前からして悪そうな名前です。

 

この2つの活性酸素は、生体細胞の
DNAを破壊して遺伝子情報を
狂わせます。

 

ガンを引き起こしたり
肺炎や腎炎などの炎症の原因にもなります。

 

肌の老化や脱毛、白髪、血管の老化など
老化を進める真犯人です。

 

活性酸素が病気を引き起こすメカニズム

活性酸素は酸素が電子を失った
状態でとても不安定になっています。

 

足りなくなった電子をなんとか
補って安定化しようと

 

他の物質から電子を奪い取ろうとします。

 

この他の物質から電子を奪い取って
活性酸素は安定化しますが

 

そのときに細胞が傷つけられるのです。
細胞が酸化されるということです。

 

細胞の酸化

活性酸素によって細胞が攻撃されると、
細胞が栄養と老廃物の出し入れを
スムーズにできなくなり老化します。

 

また、細胞の核の遺伝子が傷つけられて、
細胞が変異したり死んでしまったりします。

 

さらに、活性酸素は悪玉コレステロールを
酸化させることで血管を老化させ、
その結果、動脈硬化を引き起こす
リスクを高めます。

 

肌に潤いがなくなってきたとか
シワが増えてきたとか
ちょっと走っただけで息があがるとか

 

病気というほどではありませんが
これらも活性酸素によって細胞が酸化し
体内が錆び付いてしまって
起こる現象です。

 

酸素がなくては生きていけませんが
体内に酸素を取り込むことによって
発生する活性酸素は

 

私たちの細胞を傷つけ、
体を錆びさせる(老化させる)ことで
さまざまな病気の原因になっています。
⇒ 活性酸素を除去して細胞の老化を防ぐ最強成分とは?

 

 

活性酸素除去の最強成分、水素を無駄なく取り込める水素サプリ

カラダに水素