筋肉をつける

 

筋肉をつけると太りにくくなると
言われますが

 

そのからくりは
基礎代謝と筋肉量の関係にあります。

 

家で寝ているだけでもお腹すきますよね?

 

運動してエネルギーを使っているなら
わかりますが、家でゴロゴロしている
だけでお腹がすくのはなぜでしょうか?

 

普通に食べて、特に運動もしている様子は
ないのに太りにくい人がいるのは
なぜでしょうか?

 

その謎を解く鍵のひとつが

 

基礎代謝です。

 

基礎代謝とは、体温を維持したり
心臓を動かしたりなど

 

生命を維持するために
使われるエネルギーのことです。

 

テレビを見ているときも
本を読んでいるときも
寝ているときも

 

24時間消費されています。

 

基礎代謝だけで
標準的な活動量の人なら

 

1日に使われる総エネルギーの
6割~7割を占めます。

 

成人男性であれば
1日あたり1,500kcalも消費されています。

 

生きているだけで消費される
エネルギーですから

 

基礎代謝が増えれば
運動しなくても太りにくい
カラダになるのは当然です。

 

基礎代謝は年齢や性別、
体重などによって変化します。

 

一般的に基礎代謝のピークは10代で
年齢を重ねるごとに低くなります。

 

歳をとると昔と同じ量しか
食べていないのに太りやすくなるのは
基礎代謝が低下しているからです。

 

基礎代謝を上げるには?

基礎代謝が上がれば太りにくい
カラダになるのですが

 

基礎代謝を上げるには
どうしたらよいのでしょう?

 

その答えが筋肉をつけること。

 

筋肉が1kg増えると
基礎代謝は1日あたり
50kcal増えると言われています。

 

筋肉をつけるには
筋トレをして筋肉に負荷を
かけるしかありません。

 

筋肉に負荷をかけると
成長ホルモンが分泌され
脂肪燃焼効果が高まり

 

太りにくいカラダを
キープしやすくなります。

 

筋トレを続けると筋肉量が増えて
体重が増える場合もあるのですが

 

脂肪が減るので
見た目がすごくシャープになります。

 

<まとめ>

筋肉が1kg増えると基礎代謝が
1日あたり50kcalほど増えます。

1年で約18,000kcalです。

これは脂肪約2kg分。

筋トレを継続して筋肉をつけることで
逆三角形のシャープな細マッチョ
体型になれますよ。

 

 

⇒ 細マッチョになりたいけど筋肉がつかない人のための厳選サプリ

T7XZjqq1mPzYgjK1457855846_1457856118