細マッチョ

筋トレで作った筋肉なんて
実戦では役に立たない

 

という話を聞くことがありますが
これは本当なのでしょうか?

 

ボディビルダーの筋肉は
他のスポーツでは使えないと
言われますが、それは半分正解で
半分は間違っています。

 

ボディビルダーの筋肉が一般的な
スポーツに向かないのは

 

独立した個々の筋肉ごとに
鍛えていて、体全体で連携して
動かすことをあまり考えていないからです。

 

スポーツにはそれぞれの競技によって
特徴的な動きがあります。

 

フォームに合わせたトレーニングが
必要になります。

 

野球の投手なら、大腿四頭筋や
下腿三頭筋など下半身を鍛えて
安定感を出せるようにします。

 

さらに、肩回りや上腕の筋肉も鍛えます。

 

しかし、前腕部の筋肉を大きくしすぎると
球速が伸びないという弊害も出てきます。

 

では、筋トレで作った筋肉は役に立たない
のかというとそんなことはありません!

 

ウエイトトレーニングはいわば基礎づくり。

 

基礎として、それぞれの筋肉が集中して鍛え、
個々の筋力をアップさせ、
それがある程度達成されたうえで、

 

それぞれのスポーツのフォームに応じた
筋力を発揮する、各筋肉をスムーズに連動させる、
そのような複合的なトレーニングを行うと
パフォーマンスが向上します。

 

土台となる筋力がない状況で、
ないものを連動させようとしても効果は出ません。

 

ウェイトトレーニングでつくった
筋肉は実戦では役に立たない
と思っている人もいますが

 

大切なのはバランス。

 

ダルビッシュなんてバリバリ筋トレ
していますが、それ以上に野球のスキルアップの
トレーニングをしています。

 

土台となる筋肉量・筋力を養ったうえで、
テクニカルスキルを高めるトレーニングを
するのが合理的だと思います。

 

<まとめ>

ウエイトトレーニングで作った筋肉は
すべてのスポーツの基礎、土台になるもの。

土台が弱い上に、家を建てても
安定感はありません。

修得した技術をより高いレベルに引き上げる
ためにウエイトトレーニングは重要です。

 

 

⇒ 最短で細マッチョに!筋肥大をサポートするサプリ

T7XZjqq1mPzYgjK1457855846_1457856118