四十肩

筋肉にはインナーマッスルとアウターマッスルが
あるということは広く知られるようになりました。

 

筋肥大を目指す人はアウターマッスルに注意が
向きがちですが、インナーマッスルを鍛えると
より効果的な筋肥大を実現できますよ。

 

インナーマッスルは、関節を適正な位置に
保ったり、姿勢を維持する役割があります。

 

インナーマッスルは鍛えても
カラダの表面に目に見える効果として
あらわれてこないので

 

アウターマッスルのトレーニングを
優先してしまいがちです。

 

しかしインナーマッスルを軽視して
アウターマッスルばかり鍛えてしまうと

 

特定の部位に大きな負荷をかけること
にもつながってしまいます。

 

インナーマッスルを鍛えずに
アウターマッスルばかり鍛えると

 

インナーマッスルがそちらに引っ張られて
関節に負担がかかり

 

四十肩

 

のような症状を引き起こすことにもなります。

 

四十肩というのは

 

インナーマッスルが衰えて
肩まわりの筋力のバランスが
乱れることが原因のひとつです。

 

インナーマッスルを鍛えることは
筋肉のアンバランスから生じる
動作や負荷の問題を防ぐことにつながります。

 

さらに、インナーマッスルが発達すると
姿勢がよくなるので、疲れにくくなったり
肩こりの辛さから解放されたり
太りにくくなるというメリットもありますね。

<まとめ>
筋肥大を効率的に実現するには
アウターマッスルばかり鍛えるのではなく
インナーマッスルも鍛えましょう。
インナーマッスルを鍛えることで
カラダのバランスがよくなって
疲れにくくなる、太りにくくなる
などのメリットがあります。

 

 

⇒ 筋肥大の効率を圧倒的に高めるサプリセレクション

T7XZjqq1mPzYgjK1457855846_1457856118