筋トレで負荷をかけると筋肉が太くなります。

 

これが筋肥大ですが、そもそもなんで負荷を
かけると筋肥大が起こるのでしょうか?

 

筋肉の細胞は再生する力が大きく
もとの細胞を壊すと
さらに強い細胞が再生してきます。

 

まさに、サイヤ人メカニズムです。

筋サテライト細胞とサイヤ人

 

筋肉細胞のこのようなメカニズムを
応用しているのですが

 

筋トレで負荷をかけるというのは
つまり筋肉を破壊するということでもあります。

 

筋肉は筋繊維という細い線維のような
細胞が束ねられるような形で
構成されています。

 

筋線維

 

筋線維には「筋サテライト細胞」が
張り付いています。

 

筋線維が破壊されると、筋サテライト細胞が
増殖して、修復をはじめます。

 

筋線維が完全に断裂したとしても
新たに筋線維を作ります。

 

筋サテライト細胞こそが
筋肥大のポイントになっています。

 

筋線維が破壊されたときだけでなく
著しく疲弊したときにも

 

筋サテライト細胞は増殖し
筋線維を太くしていきます。

 

筋肥大が起こっているとき、
筋線維が太くなっているだけなのか

 

それとも同時に
新しい筋線維が生まれているのか

 

この筋サテライト細胞には
まだまだ解明されていないことも多いです。

 

ひとつの筋肉は膨大な数の筋線維で
構成されています。

 

上腕二頭筋であれば、数万本の筋線維で
構成されているので、筋トレによって
一度に増える程度の筋線維では

 

太くなっているだけなのか
新たに筋線維が生まれているのかを
確認することは難しいんですね。

 

ただ、わかっていることは
筋肉を使わないと

 

筋サテライト細胞は脂肪に
なるようです。

 

同じ努力をするなら、より効率的に筋肥大させたいですよね?
そんな人に必須のサプリがありますよ。
 
⇒ 筋肥大の効率を圧倒的に高めるサプリセレクション

T7XZjqq1mPzYgjK1457855846_1457856118