アディポネクチン ウォーキング

最近発見された「アディポネクチン」という
ホルモンをご存知ですか?

 

朝の情報番組でも取り上げられていました。

 

まだまだ研究途上ですが
アディポネクチンは脂肪細胞が作り出す
ホルモンの一種で、その働きから

 

善玉ホルモン

 

と言われています。

 

アディポネクチンは血管を良好な状態に
保つ働きや、インスリンの働きを助ける
作用があると考えられています。

 

インスリンの働きを助けてくれる
というのが本当なら、

 

糖尿病患者にとっては興味のある
ホルモンですよね。

 

2010年に東京大学の教授が
アディポネクチンは糖や脂肪の代謝を
促進することを確認しました。

 

アディポネクチンは筋肉細胞に働きかけて
ミトコンドリアの働きを活性化し

 

糖や脂肪の代謝を高めます。

 

アディポネクチンを増やすことができれば
糖尿病を改善することに役立ちそうです。

 

アディポネクチンを減らす原因

まずはアディポネクチンを減らす原因について。

 

太っているほどアディポネクチンの分泌量は減ります。

 

同じ肥満でも、皮下脂肪より内臓脂肪が多いタイプは
アディポネクチンの分泌量が減ります。

 

活性酸素による酸化ストレスも
アディポネクチンの分泌量を減らします。

 

喫煙はアディポネクチンの合成機能を弱めます。

 

アディポネクチンを増やすには

一方、アディポネクチンを増やすには
一番効果的なのは運動です。

 

運動して体脂肪(内臓脂肪)を減らすこと。

 

激しい運動でなくても、日常生活の中に
ウォーキングを取り入れるだけで
数ヶ月でアディポネクチンは増加します。

 

また、大豆製品もアディポネクチンを増やします。
大豆に含まれるタンパク質が脂肪細胞の中に
あるアディポネクチンを合成する機能を
高めるようです。

 

いまだ謎の多いアディポネクチンですが
糖尿病改善のポイントになるかもしれませんね。

 

⇒ インスリン注射の前に|自力で糖尿病を改善する方法とは?

インスリン注射は不要