インスリンの働き

糖尿病患者にとってはなじみの深い
インスリンですが、インスリンについて
どれくらい知っていますか?

 

ここでは改めてインスリンの働き、
特徴について考えていきます。

 

日本では6人に1人の割合で
糖尿病患者がいます。

 

予備軍も含めると
2千万人を超えるとか。

 

世界的に見ても、糖尿病人口は
3億8千万人を超えるようです。

 

糖尿病には、何らかの原因で
インスリンの分泌に問題が起こり
年齢や生活習慣に関係なく発症する
1型糖尿病

 

生活習慣の乱れによって発症する
2型糖尿病があります。

 

糖尿病患者の9割は2型糖尿病です。

 

余談ですが、最近の調査では
糖尿病と認知症には強い関係が
あることがわかってきています。

 

糖尿病は血管に障害を起こすので
脳への血流が滞れば
認知症の原因になりそうです。

 

ただ、それだけではなく、
アルツハイマー型認知症も
糖尿病が深く関わっていると
考えられるようになっています。

 

糖尿病自体はどうってことありませんが
さまざまな合併症を引き起こすところが
怖いんですね。

 

目が見えなくなったり
手足が壊疽したり
腎臓が悪くなったり

 

合併症を起こさないように
血糖コントロールを行うことが大切です。

 

糖尿病の治療に「インスリン」が使われる
というのは多くの方がご存知でしょう。

 

糖尿病が進行してしまうと
インスリンを外から補給するために
インスリン注射が必要になります。

 

この「インスリン」について
一体何なのか、きちんとした情報を
お持ちの方は少ないのではないでしょうか。

 

インスリンを薬と思っている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

 

インスリンはホルモンのひとつで
私たちが食事で摂った炭水化物を
エネルギーに変える働きがあります。

 

インスリンはすい臓のランゲルハンス島
という組織にあるβ細胞から分泌されます。

 

私たちがパン、米、麺類、ケーキなど
炭水化物を食べると、消化吸収されて
ブドウ糖になります。

 

ブドウ糖が血液中に増えると
血糖値があがるわけです。

 

インスリンは血糖があがると
すい臓から分泌され
ブドウ糖を細胞に取り込みます。

 

ブドウ糖が細胞に取り込まれることで
エネルギーとなります。

 

エネルギーとして使われなかった
ブドウ糖は、肝臓や筋肉で
グリコーゲンとして蓄積されます。

 

肝臓や筋肉に取り込めなかった
ブドウ糖はインスリンの働きによって
脂肪として蓄えられます。

 

インスリンが肥満ホルモンと言われるのは
脂肪として蓄積させる働きがあるからですね。

 

なるべく糖を消費したい糖尿病患者にとっては
インスリンは皮肉な存在ですが

 

生きていくためのエネルギーを体内に確保する
大切な役割を担っています。

 

飽食の時代にいる私たちは
インスリンを大量に浪費させてしまう
状態を引き起こし、すい臓を酷使しています。

 

すい臓が疲弊すると、インスリンが適切に
分泌されなくなり

 

ブドウ糖が細胞に取り込まれず
さらなる高血糖を引き起こすんですね。

 

インスリンが本来の働きをしなくなると
せっかく食事をしても
エネルギーにすることができないばかりか

 

血糖の高い状態が続くことで
血管を傷つけて、別の病気を引き起こす
引き金となってしまいます。

 

健康のためにはインスリンが効率よく
働く状態にしなければなりません。

 

⇒ インスリン注射の前に|自力で糖尿病を改善する方法とは?

インスリン注射は不要