糖質制限食

私は糖質制限食の信奉者だったのですが
ここのところ疑問に思うことが増えてきました。

 

というのも、1年以上、糖質制限および筋トレに
取り組んでいるにも関わらず

 

空腹時血糖値が160以下にならないんですね。

 

まあ、MAXで300超えていたことを考えれば
改善はされているのですが、

 

正常値にはまだほど遠い状態です。

 

ごくごく簡潔に言うと、

 

糖質制限食とは

 

血糖値を上げる原因となる炭水化物を
とらないようにしましょう

 

という食事方法です。

 

糖質制限食の第一人者といえば
この人ですね。

↓↓↓

江部先生のブログ
http://koujiebe.blog95.fc2.com/

 

この糖質制限の理論には目から鱗でした。

 

糖尿病患者というのは
糖質がカラダの中に有り余っているわけですから
さらに補給する必要はないよなと。

 

ガソリンが満タンになっている車に
さらにガソリンを注ぐ必要はありませんからね。

 

で、炭水化物を摂らなくても、
脂質やタンパク質をしっかり摂っていれば
カラダに不具合が起こることもないよ
と言っています。

 

 

さっきのブログの江部先生は
糖質制限食こそ人類本来の食事だと
言い切っていますからね。

 

私もこの理論にいたく感動して
これで血糖値は下がるはず!と
糖質制限をはじめました。

 

朝食はほとんど摂りません。

 

昼食は外食が多いのですが
ご飯の量を減らして糖質摂取量
60g程度を目標にしています。

 

夜は炭水化物は抜きです。
糖質摂取量は多分20g以下でしょう。

 

吉野家の牛丼並で炭水化物は
95gくらいですから
1日3食普通に食事すると
炭水化物(糖質)摂取量は300gくらいに
なるはずです。

 

糖質300gをカロリーに換算すると
約1,200kcalです。

 

これが通常の食事かと思いますが
私の場合は糖質摂取量を
1日80g程度にしています。

 

ただ、飲み会のときは糖質フリー!

 

月に何回も飲み会に行くわけではないので
そこそこの糖質制限をしていると思います。

 

しかも、ガッツリ筋トレしています。

 

にもかかわらず、血糖値が160から
下がらないんですよね。

 

それで、だんだんと糖質制限って
本当に糖尿病に効果あるのか?

 

とギモンの目を向けるようになりました。

 

調べていると糖質制限食には
重大な問題があることがわかりました!

 

⇒ 糖質制限食の問題点とは?

 

 

⇒ インスリン注射の前に|自力で糖尿病を改善する方法とは?

インスリン注射は不要