インスリン注射

見る限り痩せ型なのに、実は内臓脂肪型肥満
という人が増えているみたいですね。

 

痩せ型なのに内臓脂肪がついてしまうのは
なぜなのでしょうか?

 

食後に増加する血糖は
インスリンによって体の各組織に運ばれ
グリコーゲンや中性脂肪として蓄えられます。

 

こうして血糖値が下がります。

 

食後、時間が経つとお腹がへってきますが
これは血糖値が下がっている証拠。

 

このときに食事をとらずにいると
すい臓からグルカゴンという
血糖値を上げるホルモンが分泌されます。

 

グルカゴンの刺激によって
肝臓に蓄積されていたグリコーゲンは
ブドウ糖に変換されエネルギーとして使われます。

 

しかし肝臓に蓄えられているグリコーゲンの量は
全身のエネルギーとして使うには少なすぎます。

 

すぐに消費されてしまいます。

 

すると、脂肪組織に蓄えられていた中性脂肪が
脂肪酸とグリセロールに分解されて
脂肪酸のほうが全身のエネルギーとして
利用されるようになります。

 

同時に筋肉のタンパク質がアミノ酸に分解され
肝臓で変換された後、全身のエネルギー源として
利用されます。

 

空腹期間が長く続くと、脂肪も使われますが
筋肉も分解されるということです。

 

このような状態になると、体は次の栄養が
補給されるまでの間は、できるだけ
エネルギーを消費しないようにと
省エネモードになってしまいます。

 

基礎代謝が低下するということです。

 

エネルギーの無駄遣いをなくし
できるだけ多くのエネルギーを蓄積
しようとします。

 

これが繰り返されると
基礎代謝が低く、内臓脂肪が蓄積されやすい
体質へと変わってしまい、
余分な栄養分はすぐに内臓脂肪として
蓄積されるようになってしまうんですね。

 

絶食、断食にはメリットもあるのですが
長く続けると、カラダは省エネモードに
なってしまい、内臓脂肪がたまりやすい
体になってしまいます。

 

 

⇒ インスリン注射の前に|自力で糖尿病を改善する方法とは?

インスリン注射は不要