インスリン注射が必要

前回、日本人とアメリカ人の糖尿病患者の違いについて
体型(BMI)の違いがあることを書きました。

 

⇒ 糖尿病は肥満が原因?|インスリン注射の前に

 

日本人の糖尿病患者には肥満でない人もたくさんいます。

 

にもかかわらず、アメリカ型の糖尿病治療をしても
効果が上がらないのは当たり前ではないかと。

 

もうひとつ、アメリカ人と日本人では大きな違いがあります。

 

それは「インスリンの分泌能力」です。

 

私たちが食事をすることで血液中に増えた
グルコース(ブドウ糖)は

 

すい臓から分泌されるインスリンという
ホルモンの働きによって細胞に取り込まれます。

 

細胞内に取り込まれることで、血糖値が下がります。

 

このインスリンの分泌能力が大きく違うのです。

 

日本人のインスリン分泌能力は
アメリカ人の3分の1程度しかないと言われています。

 

糖尿病が進行すると食事直後のインスリン分泌量は
落ちるのですが、アメリカ人の場合は
食後、時間の経過とともに追加分泌される
インスリンの量はどんどん増えます。

 

一方、日本人の場合は、食事直後の
インスリン分泌量が少なくなるだけでなく
時間がたって追加分泌されるインスリン量も
減少してしまうのです。

 

日本人は普通の人でもインスリン分泌能力が低いのに
糖尿病が進行すると、さらにインスリン分泌能力が
低下するんですね。

 

これは日本人が農耕民族、アメリカ人が狩猟民族として
生きてきたことによる体質的な違いによるものと
考えられています。

 

⇒ インスリン注射の前に|自力で糖尿病を改善する方法とは?

インスリン注射は不要